野球練習方法 格段に上達する秘訣 HOME > ピッチング上達

松沼兄弟の投球フォーム別パーフェクトバイブル

カテゴリ:[ ピッチング上達 ]
0 Comment

森監督がひきいた西武ライオンズの黄金時代を支えた松沼兄弟の野球ピッチングDVDです。

松沼兄弟は 「アンダースロー」 で活躍して記憶の残る数少ない投手です。

見た目は完全にスーパーマリオです (全く関係ありませんが 笑)


ですので、この野球ピッチング上達DVDは "アンダースロー" に特化した内容となっています。

野球ファンからすれば、アンダースローは美しくロマンがありますね。

アンダースローは決してナンバーワンになれなせんが 「オンリーワン」 といった貴重な戦力となるピッチングフォームですね。

ボールの軌道が通常の上から下へ。ではなく ・・・

下から上の軌道ですので、打者としては浮いてくるような感覚があります。


スリークオォーターやサイドスロー投手はまだまだ珍しくありまあせんが、正直アンダースローの投手は極めて少ないです。

ですので、わたし自身もDVDを見て知らなかったことが多いので勉強になりました。


アンダースローに転向して開花した投手がロッテの渡辺投手ですね。

サブマリン投法で有名です。


アンダースローは貴重な存在ですので、もし今現在才能に限界を感じている場合には、その新たな突破口が見いだせるピッチングフォームであることは間違いありません。

松沼氏は中学・高校でオンリーワンになれる。と断言していますが、中学生段階でアンダースローに転向するのは早いかな?

とも個人的には思います。


中学生と言えば、叩きつけるようなダウンスイングを指導していたり、ソフトボール経験者が進級しているので、正直通用するのかな?

という疑問と、何も中学生の時からアンダースローでなくても ・・・

という気持ちは個人的にあるのですが、やはり ・・・

アンダースローの道を極めて行けば 「プロ野球」 という世界も近くなるのかな???

とは思いました。


アンダースローに少なからず興味があるけど ・・・

DVDを見るだけで終わって全く活用しなかったらDVD代がもったいないな ・・・

そう思われる場合でも90日間ならば返金保証が付いています。


ただし、アンダースローを本格的に習得したい場合には、このアンダースローDVDしかないでしょう。


このアンダースローの投げ方が分かる松沼兄弟の野球ピッチングDVDの内容は ・・・
 

■ オーバースローの投げ方について

オーバースローについての基本を教えてくれると同時に、参考になったのが "オーバースローとアンダースローのメリットとデメリットの比較" でした。


■ アンダースローについて

アンダースローのいろはを教えてくれます。

やはりアンダースローのことは、アンダースローでプロとしてやってきた松沼氏が一番でしょう。


■ 配球について

状況に応じた配球の技術理論の基礎を教えてくれます。


今までになかった 「アンダースローの投げ方」 に特化した内容でしたので、面白い内容となっていました。

個人的な感想としては、もっとプロ野球でアンダースロー投手を見たいということですね。


現在では西武の牧田投手が活躍しているアンダースロー投手です。

メジャーでは絶滅状態のアンダースローですが、日本でも常に希少な投球フォームです。

メジャーでアンダースローが少ない理由は諸説あり、どれが正しいのか正直分かりません。


またアンダースローについては色々と賛否両論の意見が別れる投球フォームです。

ただそういった理由からもアンダースロー投手は少なく貴重ですし、繰り返しますがロマンがあると個人的には思います。

 

⇒ 松沼兄弟の投球フォーム別パーフェクトバイブル

matsuaddvd.jpg


yakyurensyu12.jpg

 

ピッチング・スピードアッププログラム

カテゴリ:[ ピッチング上達 ]
0 Comment

柔軟で強い肩を作り、今よりも球速を10km/h ~ 20km/h 以上アップさせる ・・・

ピッチング・スピードアッププログラム


プロ野球投手も取り入れているピッチングトレーニング方法です。


当然、怪我をせずに球速を伸ばす方法です。

すでに完成度が高いプロ野球選手でもしっかりと球速がアップしているトレーニングです。


ですのでアマチュア選手であれば、しっかりとプログラムを実践することにより、より球速アップすることは可能な方法ですね。

おすすめする選手は 「球速アップ」 をしたい投手となります。

また、イニング途中で疲れて球速がガクンと落ちる投手にはかなりおすすめでしょう。


ピッチング以外の様々な特典も付いてはいますが、野球のピッチングのスピードアップに特化したトレーニングDVDです。

体の使い方や柔軟性がある強い筋肉を付けるトレーニングですので、肩などの痛みが出にくくもなります。

このDVDはある程度ピッチングフォームも固まって、コントロールも良い場合で、球速を求めている場合にはおすすめですが、まだフォームも不安定というピッチャーには向いているプログラムではないです。


球速アップの方法はある程度までの技術が向上すれば難しいとされていました。

それは、やはり資質や限界があるという認識が強かったからでしょう。

また指導者によっての意見も違うからですね。

筋トレが必要だと言う人もいれば、走り込んで強く粘りのある下半身を作ることが重要だと言う人もいるでしょう。

今まではきちんと科学的な根拠がなかったのでしょうか???

それをトレーニングやコンディショニングのプロである森部氏が作成した独自のトレーニング方法です。


しかし、運動力学的にしっかりとしたフォームで肉体を強化すれば球速もアップしますね。

■ しっかりと力が最後のボールまで伝わるような投球

■ 柔軟性があり強い筋肉

があれば、やはり球速は伸びるんだ!とこのDVDを見て思った感想です。


しかしやはり球速アップのトレーニングですので、継続が大事です。

まずはきちんと無理なく3ヶ月間はトレーニングに励む必要はあります。

ですが、DVDを見る前には、かなり複雑なトレーニングかと思いましたが、簡単なトレーニングで驚いたことも事実です。

このトレーニングを重ねれば、嫌でも球速は伸びると感心したのが率直な意見です。


球速がアップするトレーニングで付いた筋肉は、その他にも俊敏性なども一緒にアップします。

正直 ・・・ 単なるウェイトトレーニングだけではいけないんですね。


この球速アップのトレーニング方法は、当然肩周りだけではありません。

そのようなトレーニングではバランスが悪くなりますからね。

同時にしっかりとボールに力を伝えるトレーニングもしますので、ほぼ全身的なトレーニングやストレッチといった内容です。

肩周辺だけでなく、肩甲骨や股関節、その他や各関節について、体幹トレーニングなどですね。

しなりやバネが生まれるわけですね。


大きな特徴としてきちんと段階的なトレーニングになっているのも魅力です。

その他に ・・・

■ 球速アップ保証

■ メールサポート

■ バッティングトレーニング

■ ピッチャーのフィールディング向上トレーニング

■ 野球座談会映像

■ トレーニング・ボディチェックシート

なども付いてきます。

トレーニング・ボディチェックシートはメールサポートでも使用しますので、しっかりと付けることをおすすめします。

単に球速をアップするだけでなく、球質もしっかりとしたボールを投げたい場合には ・・・
 

ピッチング・スピードアッププログラム

pcsuppdvd.gif


yakyurensyu10.jpg

ストレートで勝負ができる投手は良いですね。

 

佐々岡真司ピッチングの極意

カテゴリ:[ ピッチング上達 ]
0 Comment

元広島の佐々岡真司の野球ピッチングDVDです。

90日間の完全返金保証が付いているので安心できる野球DVDですね。

推薦者は広島の前田健太投手、大竹投手です。

どちらの投手も広島の中心投手ですね。


佐々岡投手は年齢とともに、150キロの球で短命な選手となるのか140キロの球で長く現役を続けるのか?

その判断で後者を取りました。

また、日本プロ野球の歴史でも、100勝100セーブを達成した投手はわずか6人のみで、その中の1人となる大投手です。


最近のプロ野球の投手は150キロ以上の速球を投げる投手も多くなりましたが、何かしらの長所があれば140キロのストレートでもしっかりと通用します。

■ コントロールがしっかりしている ・・・

■ 変化球にキレがあり緩急が付けられる ・・・

■ 投球術に長けている ・・・

■ ストレートの回転数が多くキレがあるために実際の球速よりも早く感じる

■ ストレートと変化球を投げるフォームが同じ

■ ボールの出所が分かりにくい


その中でも 「ボールの出所が分かりにくい投球」 を教えてくれます。

出所が分かりにくいということは ・・・

▼ タイミングが合いにくい

▼ 球種が分かりにくい

という大きな特徴があり、特にバッティングは "タイミングが命" となります。

そのタイミングを外す投球ができれば 「ピッチャーとしての大きな武器」 「生き残る大きな武器」 となります。

このことが 「佐々岡流野球ピッチングDVD」の大きな特徴ととなります。


また、肩甲骨の柔軟性にも言及していますね。

肩甲骨のストレッチについては広島のマエケン体操が有名ですね。


この 「佐々岡真司ピッチングの極意」 のDVDの内容は ・・・

▼ ピッチングにおける下半身の重要性

▼ 腕をしっかりと上げて振る方法

▼ コントロールが安定する肩と頭の位置関係

▼ サッカーボールを使っての正しい腕の振り方

▼ 腕の軌道確認の方法

▼ 怪我をしやすい危険なフォーム

▼ 正しいピッチングフォーム


▼ マウンドの傾斜の利用方法

▼ 軸足と下半身のタメについて

▼ 下半身から始動するピッチングプレートの使い方

▼ ピッチングにおける上半身の使い方

▼ 力の入るピッチングフォームとは

▼ 両サイドのコースの投げ分けについて

▼ ピッチングが変わる135℃の秘密

▼ タイミングを外す投球術


▼ 下半身の柔軟性と強化トレーニング

▼ 内転筋 (太もも内) のトレーニング

▼ 肩関節トレーニング

▼ 股関節トレーニング

▼ ピッチングフォームを固める方法

▼ 全身の連動トレーニング

▼ シャドーピッチングについて


このようにピッチングに関する内容だけでなく、各種効果的なトレーニング方法もしっかりと教えてくれます。

プロが推奨しているトレーニングですので、怪我もしやすく考慮されているトレーニングですね。

トレーニング方法まで解説してあるために、圧巻のボリュームの3枚組DVDは3時間20分収録されています。


野球のピッチングに関することだけでなく、そのトレーニング方法まで知りたい場合には一番おすすめできる内容だと言えるでしょう。

そしてピッチャーとしてのさらなる体作りをしたい場合にはうってつけの野球DVDだと感じました。


⇒ 佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 ~体感速度をアップさせるフォーム作り~

sassaokapdvd.jpg


yakyurensyu09.jpg

 

川口和久のピッチング野球教室

カテゴリ:[ ピッチング上達 ]
0 Comment

プロ野球で18年間も投手として活躍した川口和久の野球ピッチング術です。


この野球DVDは300名限定です。

また安心できる自信の90日の返金保証期間も付いています。


この野球ピッチング上達DVDの特徴として ・・・

■ セットポジションとワインドアップの解説がより丁寧

■ 具体的な背筋を使ったピッチングが分かる

■ ボールの回転の掛け方が分かる

というのが大きな特徴です。


もちろんトータル的な投球術やピッチングフォームまで解説されています。

他の野球ピッチングDVDとの違いは ・・・

実際に子ども4名に現状のピッチングを見て、明確なアドバイス後に再度改善された点をしっかりと解説してくれている部分はかなり参考になり、このDVDでしか見れない内容だと思いました。

綺麗で理にかなったピッチングフォームを身に付けることができます。
 

ピッチャーの条件の一つとして、セットボジションとワインドアップで同じ様に投げれることが必須です。

ようは、ランナーがいない時の投げ方と、ランナーを背負ってからのクイックでの投げ方ですね。

両方をしっかりと練習していなければ、上半身と下半身の始動がずれたりして、リリースポイントが不安定になったりします。

こういう状況ではランナーを出した時にさらに四球というピンチを招き、ストライクを取に行っても、球威がなく打たれる。という悪循環になってしまいます。


また、投手で長い間プロで活躍しただけあって、さすがの投球術だと思いました。

■ セットポジションでの投球が不安定

■ ストレートと変化球でのフォームが違う

などといったフォームやコントロールのばらつきや球速が上がらないようなケースでおすすめすることができる野球ピッチング上達DVDです。

制球難の克服にも良い内容です。


大きく中心的に取り上げている内容は ・・・

▼ 足の上げ方

▼ ボールの握り方

▼ セットポジション

▼ ワインドアップ

となってその中に様々な投球術が出てきます。
 

▼ 下半身の力を利用してボールの球威を増す

やはりまずは 「軸をしっかりと作る」 ことが重要ですね。

▼ ピッチングフォームのバランスを良くする

足の上げ方一つでコントロールが違ってきます。

▼ 背筋を活かしたピッチング方法

背筋の安定は重心移動の安定、速い球を投げることにつながります。

▼ ストレートに回転をかけて伸びやキレを出すコツ

下半身との連動や腕の軌道と指先までしっかりとボールを弾くことですね。

▼ ピッチングフォームをきれいで格好良くする方法

きれいな投球フォーム=負担が少なくて力のロスが少ないですからね。

▼ ピッチャ-としての心構えの神髄

やはり精神的にタフである必要があり責任のあるポジションですので、心構えや考え方というのは非常に重要となります。

▼ いつも通りのピッチングをすつコツ

球場の規模や場所が変わってもいつも通りのパフォーマンスができます。

▼ ストレッチ法

せっかくならば効果が高いストレッチをした方が体のキレも良くなり怪我の防止にもなります。


これらの内容が解説されているDVDとなり、その結果として ・・・

■ コントロールが良くなる

■ 球速のアップ

■ 投球フォームがきれいになる

■ 怪我の予防になる

■ レギュラーを獲れる

■ 今よりもますます野球が楽しくなり練習に身が入る

■ 早い段階でめきめきと上達する

■ 試合で活躍できるようになる

という野球ピッチングの上達に直結していきます。

楽しみながらピッチングが上達する内容ですね。

このDVDの内容としては、誰でも理解でき、実例動画にもあるようにすぐに悪いポイントが修正できるところが優れていました。


⇒ 川口和久の右脳的ピッチング術

kwgpdvd.jpg
 


yakyurensyu08.jpg

 

野球ピッチング

カテゴリ:[ ピッチング上達 ]
0 Comment

元読売ジャイアンツ橋本清の勝利の方程式

3ヶ月試しても効果がなかったら自信の全額返金保証付き!!


かなり良い野球のピッチング上達のDVDです。

野球のピッチングの全てが網羅してありますので、投手に不慣れな選手から今一つ投手としての伸びを感じない選手まで、様々な選手に参考になるピッチング内容でした。


投球フォームや投げ方などのピッチャーとしての一連の技術のみならず、投手に必要なピッチング技術の要素を全て教えてくれます。

例えば "調子が悪い時のピッチングの立て直し方" といったこのピッチング上達DVDしか教えてくれない様なことも知ることができます。

これは、さすがにプロ野球でのピッチャーとしての多登板での経験からの技術を持った人でなければ教えることができないでしょう。


わたし自身、ピッチャーはバッターよりもメンタル面が必用とされると思います。
 

例えば "審判によってストライクゾーン" の取り方が違います。

アウトロー に辛い審判がいれば、なかなかアウトローのストレートでもストライクをコールしてくれない審判がいます。

そこで ・・・

■ そのコースに自信を持って投げ込むのか???

■ それとも、そのコースは避けて別のコースや球種で攻めるのか???


アウトローのストレートはピッチングの基本でもあり、生命線です。

そのアウトローへ直球を投げ込めないということは、ピッチャーとしての大きな武器を一つ失うことになります。

ですので、ストライクを取ってくれなくても投げ込んで行くうちにストライクを取ってくれるようになります。

これが俗に言う 「我慢のピッチング」 の一つですね。


また、ピッチャーは点を入れる役割でなく守る役割ですので、守備でのプレッッシャーも一番負担があります。

ピンチの状況も多々あります。

ですので、精神力が必要となり、色々なピッチングの技術を知っておく必要があります。

間違いなくこの野球ピッチング上達DVDは、投手としてのレベルを数段階アップしてくれる濃い内容です。


デーブ大久保が推薦していますね。

デーブと言えば西武時代は正捕手の伊東の控えでしたが、巨人に移籍後にチャンスを掴んで正捕手として、またバッターとしても大活躍しました。

その後の西武や楽天時代のコーチ時代には問題ばかり起こしていましたが(笑)

話しを戻しましょう ・・・


この野球ピッチング上達DVDの内容は ・・・

▼ 正しいボールの握り

ボールの握り方を間違うときちんとしたボールがいきませんからね。

▼ 正しい投球フォームからの基本のストレート

技術理論をしっかりと学べますのでピッチングの理論が分かります。

▼ ピッチングでの下半身の使い方

強い下半身とその使い方で投球が安定します。

▼ ピッチングでの上半身の使い方

下半身の力をしっかりと上半身へ伝えて投げる方法です。

▼ 腕の軌道について

腕の振り方でボールの伸び、キレの良さになります。

またきちんとした投げ方は故障予防にもなります。

▼ 投げる際のグラブ側の手の役割について

グラブ側の手は投球時のバランスを取るだけではありません。

▼ ピッチングの間の取り方について

この間の取り方も、なかなか教えてもらえないピッチングの重要な技術ですね。

▼ ピッチングの体重移動について

体重がしっかりと乗ったボールは威力が違いますからね。

▼ ピッチングプレートの使い方

これも投球技術編ですね。

▼ ステップについて

ステップの幅やコントロールの関連性について

▼ マウンドでの足運び

けん制球のコツなどですね。

▼ フィールディングについて

ピッチャーは守備も重要です。

守備が良いピッチャーはピンチをしのげます。

元巨人の桑田投手や広島の前田投手は守備が上手ですね。

▼ スピードボールを投げるために

意識して行うトレーニング方法です。

▼ その他の投球技術も盛りだくさん

・ キャッチャーとのコミュニケーション
・ ピンチの切り抜け方や思考
・ 配球の基本とペース配分
・ 調子が悪い時の立て直し方
・ 試合前の肩の作り方
・ 練習後や試合後の体のメンテナンスについて
・ ピッチャーとしての注意点

などのピッチャーとして大事な要素全てがつまった野球ピッチャーDVDです。


ピッチャーが崩れると試合が崩れてしまいます。

ピッチャーがしっかりとゲームを作る必要がありますので、そういった一流のピッチャーに必要な条件をしっかりと学べます。


ピッチャーに必要な投球術として ・・・

■ 軸がぶれない投球

■ 下半身をしっかりとうまく使う

■ しっかりとした腕の軌道

■ ピッチャーとしての体の使い方

これらをきちんと理論的に習得できれば、その結果 ・・・

▼ 急速アップにつながる

▼ ストレートにキレが出て伸びる

▼ ストライクを取れ三振も取れる

▼ コントロールが安定するために試合が崩れない

▼ スタミナ配分がついてくる

▼ 簡単に盗塁を許さない

▼ 肩や肘の故障の危険性を回避できる

という結果に直結していきます。


また、変化球編については握り方や投げ方はもちろんのこと、スローで見せてくれるためにとても参考になります。

ただし、個人的に変化球については真っ直ぐがしっかりと投げれない状態で覚える必要はないと思っています。

まずはストレートをしっかりとアウトローに投げられるようになってから覚えた方が、投球フォームもしっかりと良い状態で固まります。

正しいフォームを身に付けた後の方が、変化球を投げる際に変な投球のクセが付きにくいと思っているからです。


今まで監督やコーチから 「しっかりと腕をふれ!!!」

という具体的でないアドバイスで???と疑問に思っていた場合でも、この野球ピッチング上達DVDでそういったことがきちんと解決できる内容ですね。

そのピッチャーの腕の軌道がきちんとしていなければ 「腕をふれ!!!」 と言われても良い修正ができませんからね。

このように、今まで多くの曖昧なアドバイスをもらっていたことの、明確な理由とその意味がはっきりと理解でき練習へ取り組めるようになるでしょう。


自身の野球経験、多くの周囲のプロ投手を見てきたり、引退後の野球指導の多くの経験からの野球ピッチャー上達DVDになっていると思いました。

やはり、しっかりと野球が上達するならば素人から教わるよりも "プロから教わった方が正しく近道" となりますからね。


⇒ 元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチング

hashipdvd.gif


yakyurensyu07.jpg

 

プロフィール
野球上達

野球の技術理論は
おまかせください

お気に入りは
プロ野球スピリッツ!
好きな野球漫画は
グラゼニ!

野球上達の秘訣
プロフィール詳細
サイト目次一覧